のんびりTIMES(*^-^*)

のんびりと日々の出来事書いてます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告

不動産を訪れた時の裏ワザをご紹介!

引っ越しを考えて、まずは物件を選ぶところから始めますよね。 物件はインターネットで探すこともできますし、コンビニなどに置いてあるフリーペーパーも資料として集めておきたいものです。 そして、不動産のホームページにも、フリーペーパーにも「まずはお気軽にご来店ください!」と書いてあると思います。 もちろん、気軽に来店させてもらいましょう。 その前には、ある程度は「こんなところに住みたい」という具体的な物件を選んでおくことをお勧めします。 そのほうが、不動産会社の方に自分の希望が伝わりやすいからです。 さて、ある程度こんなところがいいなという物件も見つかれば、不動産会社に行きましょう。 「○○という情報誌を見て、来ました」と伝えれば、あなたがいくつか候補にあげている物件の詳細を見せてくれます。 下見をするなどは、もちろん基本的なことですよね。 引越ししやすい物件かどうかもチェックしましょう。 でも、一つここでコツがあるのです。 不動産会社の方は、よほど親身になってくれる方を除き、淡々と仕事をこなします。 窓口であなたがいくつかの候補を見せて、その物件を下見して、どれにしようかなと悩んでいても「この物件だとここがメリットです」「でもこちらもここが…」という説明はしてくれますが、それだけで満足してはいけません。 「似たような物件は他にありませんか?」 この一言を必ず伝えましょう! あるのです! ホームページに載せている、フリーペーパーに載せている物件だけではなく、不動産会社がとっておきの物件を敢えて出さずに持っているのです。 それは、条件がより良いと判断した時にしか見せてくれません。 もし、ありませんと答えられたら、本当にないのか、見せるつもりがないのかよく見極めてください。 ほとんどの場合「ありますよ」と答えてくれるものなのです。
関連記事
[ 2013/06/19 19:02 ] 日記


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。